【呪術廻戦】渋谷事変直前究極メカ丸が死亡。内通者になった理由とは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
jujutsukaisen


京都校の2年生であり、すでに準1級の階級になっている究極メカ丸。
見た目はロボットですが人間であり、このロボットは自身の肉体が不自由であるため遠隔操作しています。
個性的なメンバーがそろっている京都校のメンバーともよい関係を築いていましたが、渋谷事変が起こる前に死亡してしまいます。
今回はメカ丸が死亡した理由について詳しく解説していきたいと思います。

目次

究極メカ丸(あるてぃめっとめかまる)とは

究極メカ丸は本当の名前ではなく、本名は与幸吉(むたこういち)です。
天与呪縛の持ち主で、膨大な呪力を持っていますが、それと引き換えに不自由な体で生まれてきました。
術式は夜蛾正道と同じ傀儡操術 (かいらいそうじゅつ)で、傀儡を呪力で操作することができる術式です。
たくさんの呪力を出力する場合は術者が傍にいないと実現できませんが、メカ丸は天与呪縛で膨大な呪力を持っているため、操作可能範囲は日本全土に及びます。

究極メカ丸の死亡までの経緯

京都校のメンバーと良い関係を築けていたメカ丸ですが、なぜ死亡してしまったのでしょうか?
メカ丸が死亡してしまった経緯について詳しく見ていきましょう。

健康な肉体を取り戻すため、内通者として呪詛師と繋がる

天与呪縛で膨大な呪術を持っていましたが、メカ丸はそれよりも健康な体を取り戻せるなら喜んで呪力を差し出すと考えていました。
そして、メカ丸は肉体を自由に変形することができる術式を持っていた呪霊・真人と出会います。
メカ丸は呪術高専側の人間でしたが、自分の肉体を治してもらうことを条件に縛りを結び、高専の情報を呪詛師に流す内通者として活動するようになりました。

肉体を取り戻し、真人と交戦

肉体を治すという縛りの他に、メタ丸は真人と「京都校の人間には危害を加えない」という条件も出していました。
ですが姉妹校交流会の際にこの条件が破られ、メカ丸は内通者を辞退。
先に約束を破った真人は治療を拒むことはできず、メカ丸はずっと望んでいた肉体を取り戻すことに成功したのです。
メカ丸は高専側に呪詛師たちが計画している渋谷事変の内容を伝えるため、肉体を取り戻してすぐに真人と交戦することになります。

善戦するものの、真人によって殺害される

天与呪縛で今まで蓄えていた呪力を使い、真人を追い詰めていきます。
追い詰められた真人は領域展開・自閉円頓裹(じへいえんどんか)で形勢が逆転。
メカ丸は同級生の見よう見まねでシン・陰流 簡易領域で何とか攻撃を防ぐものの、真人に触れられてしまい死亡しました。

究極メカ丸の死亡は何話?

夜蛾の死亡は単行本10巻の82話にて描かれています。
メカ丸が真人と戦っていた時、京都校では普段メカ丸が自身の代わりとして操っていた傀儡に三輪が話しかけていました。
三輪は交流会の前と後で、京都校の人たちとの距離が縮まり、仲良くなったと感じていました。
今までは仲良くなっていてもどこか一線を引いていた三輪ですが、これをきっかけにもっと仲良くなりたい、いつか会いたいと素直な気持ちを伝えます。
しかし、メカ丸は真人との戦いに敗れ、死亡してしまいました。

渋谷事変では情報伝達の役割を果たす

渋谷事変前にメカ丸は死亡してしまいましたが、あらかじめ作成していた3つの「ミニメカ丸」を使って情報伝達の役割を果たしました。
五条悟が封印された時や、虎杖が脹相と交戦した時にアドバイスをしたりとかなりの活躍を見せています。

究極メカ丸の死亡まとめ

メカ丸は渋谷事変が起こる前の2018年10月19日、真人に殺されました。
健康な体を取り戻して京都校のみんなと会うことが望みでしたが、その願いはかなうことはありませんでした。
ミニメカ丸を通じて、最後に三輪に自分の想いを伝えるシーンはすごい切ないですよね…。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

I am a Japanese university student studying English,German.
I will introduce you to the charms of Japanese anime, manga, and culture

コメント

コメントする

目次