【呪術廻戦】禪院真依が死亡。真希との悲しい最期や死亡理由

当ページのリンクには広告が含まれています。
jujutsukaisen


禪院真希の双子の妹であり、御三家の1つ禪院家の生まれである禪院真依。
見た目は真希と瓜二つですが性格は対照的で皮肉屋であり、呪力がない真希のことを下に見ています。
そんな真依ですが、実は渋谷事変が終結した後に実の父によって致命傷を負い、真希を助けるために死亡しました。
今回は真依が死亡した理由について詳しく解説していきたいと思います。

目次

禪院真依(ぜんいんまい)とは

禪院真依は京都校の2年生で、3級呪術師です。
毒舌で相手を煽るような発言が多い真依ですが、実は繊細な性格をしており、それを隠すために強気な自分を演じています。
真依は真希とは違い術式を持って生まれましたが、術式や呪力量が評価されず、禪院家では真希と同じ落ちこぼれとして扱われていました。
術式は構築術式で、自分の呪力を使って物体を生成することが可能な術式です。
この術式は呪力の消費が激しく、もともと呪力量が少ない真依は1日に自身が使う銃の弾を1発分作ることしかできません。

禪院真依の死亡までの経緯

真依は真希のことを思って、自ら死亡することを選びました。
憎んでいたはずの真希のためになぜ真依は死亡したのでしょうか?

実の父である禪院扇に致命傷を負わされる

禪院家の当主であった直毘人が亡くなり、遺言から次の当主は伏黒恵が務めることになりました。
しかし禪院家の次期当主候補であった面々は、これに納得がいきませんでした。
そして呪術界の総監部たちが定めた「五条悟の封印を解く行為を罪とする」という項目を利用しようと考えたのです。
次期当主候補たちは伏黒恵・禪院真希・禪院真依の3人を五条悟の封印を解こうとした陰謀者として扱い、抹殺することにしたのです。
次期当主候補の中には真依の実父である扇も含まれており、扇は自らの手で禪院家にいた真依に致命傷を負わせました。

訓練と懲罰用の部屋に落とされ、真希に口づける

そして真希も呪具を回収するために禪院家を訪れており、真希の目の前に現れたのは扇と致命傷を負った真依の姿でした。
真希は扇に襲い掛かり扇の刀身を破壊することに成功しますが、扇は呪力で生み出した刀身で真希を斬りつけます。
重傷を負った真希と真依を引きずり、扇は呪霊が多数飼われている訓練と懲罰用の部屋に2人を落とし、去っていきました。
意識があった真依は、真希が生きていることを確かめた後、何かを決意したかのように真希に口づけたのです。

生得領域で自分の想いを真希に伝える

真希が目を覚ますと、そこは訓練と懲罰用の部屋ではなく浜辺のそばでした。
隣に座っていた真依は、真希に向けて自分の術式について話だし、じゃあねと告げて海へと向かっていきます。
真希は海へ入っていく真依に止まるように叫ぶと、真依は振り向き、自分がいると一生真希は半端な強さにしかなれないと言い放ちました。
真希も海に入り真依を止めようとしますが、真依は真希の腕を振り払い、優しい笑みを浮かべて真希に別れを告げました。

呪具の型を作り出し、死亡する

次に真希が目を覚ますと、浜辺ではなく訓練と懲罰用の部屋でした。
真希が隣に倒れていた真依に呼びかけますが、真依はすでに死亡していたのです。
そして真希の腕の中には、真依が命がけで生成したであろう呪具の刀がありました。

禪院真依の死亡は何話?最期は?

真依の死亡は単行本17巻の149話にて描かれています。
双子で生まれてくると本来1人の人間に与えられる力が半分になってしまうため、真希がどんなに努力しても真依がいる限りこれ以上の強さは手に入れることができないのです。
ずっと前から真依は、双子の呪術師が凶兆とされているわけを知っていました。
そして真依は真希を救うため、自らの命を犠牲に呪具を生成したのです。
残された真希は、最後の真依の「全部壊して」という願いを受け止め、真依の呪具と共に禪院家を崩壊させました。

禪院真依の死亡まとめ

真依は双子の姉である真希を救うために自らの命を使って呪具を生成し、死亡しました。
最期に真依が笑って、真希のことを昔のように”お姉ちゃん”と呼ぶシーンは切ないですよね…。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

I am a Japanese university student studying English,German.
I will introduce you to the charms of Japanese anime, manga, and culture

コメント

コメントする

目次