宿儺との戦いで五条悟が死亡。死亡までの経緯と最期を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
jujutsukaisen


御三家の1つである五条家の当主でありながら、呪術高専東京校1年の担任も務めている五条悟。
ゆえに小さな時から億の賞金が懸けられ、世界の均衡を変えたほどの別格の強さを持ちます。
その強さから現代最強の呪術師と言われる五条ですが、宿儺との戦いにて死亡してしまいます。
今回は五条が死亡した理由について詳しく解説していきたいと思います。

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan最大6回まで使える70%OFFクーポンを配布しています!(無料会員登録すると自動で配布されます)

お得に読みたい方はイーブックジャパンの70%オフクーポンをご利用ください。

\70%OFFクーポンGET/

You can also register from overseas.

目次

五条悟の死亡までの経緯

渋谷事変で羂索によって封印されてしまった五条ですが、死滅回遊で封印が解かれ、宿儺との戦いで死亡します。
五条の死亡までの経緯について詳しく見ていきましょう。

渋谷事変で封印される

羂索と呪霊たちが手を組み発生させてた渋谷事変で、五条は特級呪霊3体を相手にしながらも圧倒的な力を見せつけます。
呪霊たちは一般人を人質としてその場に集めたものの、五条は0.2秒の領域展開を発動させ、その場を制圧。
そんな五条の前に、どんなものでも封印することができる特級呪物・獄門疆が現れます。
その後に過去に五条の手で殺したはずの夏油の姿を見て、五条の脳内では3年間の青い春が浮かび、獄門疆の発動条件を満たしてしまったのです。
こうして五条は獄門疆に封印され、渋谷事変は終わりをむかえました。

虎杖たちの活躍により封印が解かれる

真人を取り込んだ羂索によって始まった死滅回遊でしたが、虎杖を中心とした呪術高専関係者たちの活躍で獄門疆の封印を解くことに成功。
封印解除後に五条はすぐさま羂索の元へ向かいましたが、そこには呪いの王として復活した宿儺によって阻害されます。
しかし五条と宿儺はその場で戦うことはせず、12月24日に戦うと決めて五条は仲間たちの元へ合流しました。

新宿で宿儺と戦い、死亡する

約束通り12月24日の新宿にて、五条と宿儺の戦いが開始。
現代最強の呪術師と呪いの王の戦いは、戦いのレベルの高さから誰も加勢することはありませんでした。
そして五条は自身を巻き込む方法で虚式「茈」を発動し、宿儺に重傷を負わせます。
五条の勝利に終わったと思いましたが、次の瞬間、五条は体が両断され死亡しました。
宿儺は魔虚羅が五条の腕を切り落とした際に見せた斬撃を手本にして、五条を無下限呪出を破り、斬撃で五条を殺したのです。

五条悟の死亡は何話?

五条の死亡は236話にて描かれており、単行本化はされていません。(2023年12月現在)
茈を発動させた後、五条は空港にいて、目の前に親友の夏油が学生時代の姿で現れました。
五条はここが死後の世界であることを理解し、夏油に自分の本音を語り始めます。
すると同じく学生時代の姿をした七海や灰原の姿も現れ、五条は学生時代のように屈託のない笑顔を見せました。
呪術師として悔いのない戦いを終えた五条は、どこか満足そうな表情をして最期をむかえました。

五条悟は復活する?

宿儺との戦いで死亡した五条ですが、復活する可能性は低いと考えられます。
2人の戦いの後にすぐさま鹿紫雲が参戦しますが、その際に「五条悟の死」とはっきりと書かれています。
また五条は、空港のシーンで自身の最期に悔いはないと発言しており、復活することを望んでいないように見られるので、復活することはなさそうです。

五条悟の死亡まとめ

五条悟は渋谷事変で羂索によって獄門疆に封印され、封印解除後に宿儺との戦いで死亡しました。
ファンとして五条の死はかなり衝撃的でしたが、最後には呪術高専時代の仲間たちに囲まれ満足気な表情が印象的でした。

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan最大6回まで使える70%OFFクーポンを配布しています!(無料会員登録すると自動で配布されます)

お得に読みたい方はイーブックジャパンの70%オフクーポンをご利用ください。

\70%OFFクーポンGET/

You can also register from overseas.

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

I am a Japanese university student studying English,German.
I will introduce you to the charms of Japanese anime, manga, and culture

コメント

コメントする

目次