【Jujutsukaisen】日下部篤也(Atsuya Kusakabe)の術式とは?どんな能力を使用するの?

当ページのリンクには広告が含まれています。
jujutsukaisen


日下部篤也(くさかべあつや)は、呪術高専東京校の2年生の担任を務めています。
かなりの実力者とされる一級呪術師の1人で、渋谷事件ではパンダと共に日下部班として参戦していました。


実力者であるものの自分よりも強い相手と戦うことを嫌い、戦闘を避けるというやる気がない一面も。
今回はそんな日下部の術式や、能力について詳しく解説していこうと思います。

目次

日下部篤也(くさかべあつや)とは?

五条と同じく、呪術師でありながら教職も務めており、東京校の2年生の担任をしています。
教職をしているのは、「ずっと戦う呪術師よりも教職の方が命のリスクがない」という理由からです。


格上相手だと特に戦闘に消極的な一面もありますが、生徒がピンチになると咄嗟に命懸けで助けようとすると言った情に厚い一面もあります。
京都校2年生の三輪霞の師匠であり、刀を使った戦闘を得意としています。

日下部の術式とは

1級に上り詰める実力者のほとんどが術式を保有しているにもかかわらず、日下部は術式を持っていません。
同じく一級呪術師である夜蛾や七海、東堂たちはみな術式を持っています。


冥冥曰く、術式を持っていない一級はほとんどいないため、かなりの実力者という事が分かりますね。
術式を持っていない日下部は「シン・陰流」という結界術を習得しており、発動させた簡易領域に入ってきた敵に対して刀で斬りつけるという方法で戦います。
偽夏油によって放たれた「うずまき」を防ぐこともできていたため、かなりの使い手のはずです。

シン・陰流とは?

シン・陰流とは、呪術全盛期であった平安時代に、蘆屋貞綱によって誕生しました。
この時代は呪霊や呪術師が邪悪なものが多く、攻撃が必中となる領域展開から門弟を守るために編み出されました。
門下生である三輪以外にも、領域展開から身を守るために使っている呪術師たちは多く存在します。
ただシン・陰流を使って攻撃に応用しているのは、現時点では日下部と三輪のみです。

抜刀(ばっとう)

刀身を呪力で覆ったあと、鞘の中で加速させて斬りかかる技です。
スピードに優れており、特に正面の敵に有効的です。
三輪は自らが動いてしまうと使うことはできませんが、日下部は自らが動きながらでも発動させることができます。

居合・夕月(いあい・ゆうづき)

膝立ちの状態から、鞘に収めていた刀を抜き斬りつける技です。
渋谷事変で初めて使用されましたが、宿儺と漏瑚の戦いによって技が発動することなく終わってしまったため、どのような技であるのか詳細は分かっていません。

日下部の術式まとめ

日下部は術式を持っていませんでしたが、結界術の1つであるシン・陰流を使った戦闘スタイルであることが分かりました。
人外魔境新宿決戦では宿儺を相手に使用し、攻撃を防いでいることから影の実力者と読者たちからは評価されているみたいです。
これからどんな活躍をするのか楽しみですね。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan最大6回まで使える70%OFFクーポンを配布しています!(無料会員登録すると自動で配布されます)

お得に読みたい方はイーブックジャパンの70%オフクーポンをご利用ください。

\70%OFFクーポンGET/

You can also register from overseas.

Atsuya Kusakabe is a second-year homeroom teacher at the Tokyo School of Jujutsu High School.
He is one of the first-class spellcasters who is considered to be quite skilled, and he participated in the Shibuya Incident as a member of Kusakabe’s team along with Panda.

Although he is a very skilled magician, he has an unmotivated side that hates to fight against someone stronger than himself and avoids combat.
In this article, I would like to explain Kusakabe’s techniques and abilities in detail.

Who is Atsuya Kusakabe?

Like Gojo, Atsuya Kusakabe is a sorcerer as well as a teacher, and is in charge of the second grade at the Tokyo School.
He teaches because “teaching is less life-threatening than being a sorcerer who fights all the time.
Although she is reluctant to fight, especially against superior opponents, she also has a compassionate side and will risk her life to save a student in a pinch.
He is the master of Miwa Kasumi, a second-year student at Kyoto School, and specializes in sword fighting.

What is Kusakabe’s technique?

While most of the students who have reached the rank of first class have their own techniques, Kusakabe does not have any.
Yomogi, Nanami, and Todo, who are also first-class spellcasters, all possess a jutsu formula.
According to Meimei, there are very few first-class sorcerers who do not possess a jutsu formula, which means that they are very skilled.
Kusakabe, who does not have a jutsu formula, has mastered the “Shin Yinryu,” a warding technique in which he uses his sword to slash at enemies who enter a simple area where he has activated it.
He was even able to prevent the “Uzumaki” released by the fake Natsuyu, so he must be quite a master of the art.

What is Shin Yinryu?

The Shin-Yin style was created by Sadatsuna Aroya during the Heian period (794-1185), the heyday of the art of conjuration.
It was created to protect students from the development of the realm, where many of the spells and sorcerers were evil and attacks were inevitable during this period.
In addition to Miwa, who is a student of Shin Yinryu, there are many other sorcerers who use it to protect themselves from domain expansion.
However, only Kusakabe and Miwa are currently using Shin Yinryu to apply it to their attacks.

drawing a sword

This is a technique in which the sword blade is covered with a spell and then accelerated in the scabbard to slash at the enemy.
It is fast and especially effective against frontal enemies.
Miwa cannot use it if he moves, but Kusakabe can use it while he is moving.

The art of drawing one’s swordーYuduki(the evening moon)

This is a technique in which a sword is drawn from its sheath and slashed from a kneeling position.
It was used for the first time in the Shibuya Incident, but the details of the technique are not known, as it ended without being activated due to the battle between Shukuo and Ruso.

Summary of Kusakabe’s Jutsu formula

Kusakabe did not have a jutsu-shiki, but we know that his fighting style is based on shin-yin-ryu, one of the yukai-jutsu techniques.
He seems to be regarded by the readers as a shadowy expert, since he used it against Shukuusina in the battle of Shinjuku, a subhuman world, and prevented her from attacking him.
We can’t wait to see what kind of activities he will do in the future.
Thank you for reading this far.

Translated with DeepL.com (free version)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

I am a Japanese university student studying English,German.
I will introduce you to the charms of Japanese anime, manga, and culture

コメント

コメントする

目次