【呪術廻戦Jujutsukaisenアニメ2期】グロいのになぜハマるのか?

当ページのリンクには広告が含まれています。
jujutsukaisen

『呪術廻戦』の魅力を5つ紹介します。

なぜ「呪い」という暗いテーマが「面白い」と注目されているのでしょうか?

ちょっぴり怖いけれど面白い!

『呪術廻戦』は、ダークな要素とユーモアが上手く組み合わさった作品です。

日本の伝統的な呪術や霊的な要素を取り入れたユニークな世界観が特徴です。

『鬼滅の刃』や『進撃の巨人』などの大ヒットにより、ダーク・ファンタジーが一躍脚光を浴びました。読者にそれなりの下地ができているものの、やはり「人が次々と死ぬ」ような少年漫画には抵抗がある人も少なくはないでしょう。

『呪術廻戦』も、昔の少年漫画と比べればかなり過激な展開です。

人がいっぱい死にますし、グロテスクともいえる化け物も出てきます。

ですが、コミカルな場面も多くあります。

これにより、物語のテンポが良く、読者が引き込まれます。ダーク・ファンタジー作品としての魅力はそのままに、ユーモラスな要素も取り入れることで、ハマる人が続出するのでしょう。

キャラクターが個性的

作中の登場人物は個性的で、主人公の虎杖悠仁をはじめ、仲間や敵キャラクターたちが読者の心を掴んで離しません。

特に女性キャラクターの強さと毒舌ぶりが魅力的です。

また、敵キャラクターである呪霊たちにも愛着を持てる一面があり、読者の心を掴んで離しません。

敵キャラにも人気が集まるというのは、人気漫画の特徴の一つといえるでしょう。

呪力を駆使した迫力満点のバトルシーン

ジャンプで人気の要素といえば、何と言ってもバトルでしょう。

バトル漫画としても秀逸な『呪術廻戦』の魅力は、呪力を使った戦闘シーンにあります。

派手な演出と戦略性が見事に組み合わさっており、読者を興奮させます。

漫画のハラハラドキドキのバトルシーンは、アニメでも忠実に、パワーアップして再現されています。

まだアニメを見ていない人はアニメを、漫画を見ていない人は漫画でその迫力のバトルシーンを確認してみてくださいね。

バトルの真髄「領域展開」

物語の中盤以降に登場する「領域展開」は、バトルシーンの見どころ。

わたしの推しは五条先生です、、

五条先生の力強さを際立たせます。この要素が物語に深みを与えています。

「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」の秘密

物語の前日譚を描いた「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」は、キャラクター乙骨憂太の秘密に迫るエピソードです。読者にとっては興味深く、物語の謎解き要素としても楽しめる一冊です。

目次

Here are five of the attractions of “Jujutsukaisen”.

Why is the dark theme of “curses” attracting attention as “interesting”?

A little scary but interesting!

Jujutsukaisen” is a work that successfully combines dark elements and humor.

It features a unique worldview that incorporates traditional Japanese witchcraft and spiritual elements.

Dark fantasy has been thrust into the limelight by such blockbusters as “Blade of the Oni no Kai” and “Shinketsu no Kyojin,” and while readers have a good grounding in this genre, it has also become a popular genre in Japan. Although readers have a certain grounding in the genre, there are still many who are not comfortable with shōnen manga in which “people die one after another.

Jujutsukaisen” is also quite extreme compared to old shōnen manga.

People die a lot and grotesque monsters appear.

However, there are also many comical scenes.

This keeps the story moving at a good pace and draws the reader in. By maintaining the charm of a dark fantasy work while also incorporating humorous elements, many people are likely to become hooked on it.

Unique characters

The characters in the work are unique, with the main character, Eugene Itadori, and his friends and enemies captivating the reader’s heart.

The strength and tongue-in-cheek of the female characters are particularly appealing.

The enemy characters, the spirits of the spirits, also have an endearing aspect that keeps them in the reader’s hearts.

It is one of the characteristics of popular manga that the enemy characters are also popular.

Powerful battle scenes that make full use of spell power

One of the most popular elements of JUMP is its battles.

The charm of “Jujutsukaisen,” a superb battle manga, lies in the battle scenes that use the power of magic.

The manga’s brilliant combination of flamboyant effects and strategic thinking thrills readers.

The manga’s thrilling battle scenes are faithfully and powerfully reproduced in the anime.

If you have not yet seen the anime, check out the anime, and if you have not seen the manga, check out the manga for its powerful battle scenes.

The quintessence of battles: “domain development.

The “domain development” that appears from the middle of the story is the highlight of the battle scenes.

It highlights the strength of Gojo Sensei. This element adds depth to the story.

The secret of “Jujutsusukaisen 0: Tokyo Metropolitan College of Jujutsu

Jujutsukaisen 0: Tokyo Metropolitan College of Advanced Spell Arts,” a prequel to the story, is an episode that uncovers the secrets of the character Yuta Okkotsu. It is an interesting book for readers and an element of mystery in the story.

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

I am a Japanese university student studying English,German.
I will introduce you to the charms of Japanese anime, manga, and culture

コメント

コメントする

目次