【Jujutsukaisen】家入硝子(Syoko Ieiri)は何級?どんな術式を持っている?

当ページのリンクには広告が含まれています。
jujutsukaisen


五条悟の元クラスメイトであり、現在は医師として後方支援が主な役割である家入硝子。
治療だけでなく、虎杖の体を解剖しようとしたり真人によって改造人間にされた人たちの体を調べたりと、
解剖医のような一面もあります。


自身のことを中立的な立場と言っているものの、味方の少ない五条の数少ない理解者の1人です。
今回は五条の同級生で医師の家入の術式ついて詳しく解説していきます。

目次

家入硝子(いえいりしょうこ)とは何者?

呪術高専東京校を卒業しており、五条悟と夏油傑の同級生です。
2人のことを「クズども」と呼んでいるものの、仲は良かったみたいでアニメのOPでは3人ではしゃぐ様子が描かれていました。


どちらかに好意を抱いていたのでは?と考察されていましたが、「天地がひっくり返ってもない」と強く否定していました。


卒業後は呪術高専で医師となり、負傷した呪術師たちの治療を行っています。
クールな見た目のせいで冷たい人物とみられがちですが、虎杖が人造人間と戦ったことに対して傷ついている様子を見て、気にしないように声をかけてフォローする姿を見せていました。

家入硝子の術式

実は家入は術式を持っていません
作中に登場するキャラクターたちは、ほとんどが術式を持っているのでかなり珍しいですよね。


術式を持っていない家入ですが、他者の傷を回復させることができる「反転術式」を使うことができます。
使い手はかなり少なく、家入は学生のころからこの反転術式を使って数々の呪術師たちを治療してきました。

反転術式の使い手

呪力は本来は負のエネルギーですが、その負のエネルギーを掛け合わせ、正のエネルギーに変えることで傷を治すことができるようになります。


これが反転術式と呼ばれており、術式が無い人でも使用することは可能です。


しかし、反転術式はかなり高度な呪力操作を必要とするため、使用できる人は貴重とされているのです。


五条も反転術式を使うことはできるものの、対象は自身のみであって、他者に使用することはできません。
現時点でも反転術式を他者に使うことができるのは、家入以外では宿儺と乙骨の2人のみであり、家入の存在がいかに希少であるかが分かりますね。

家入硝子(いえいりしょうこ)は何級?

呪術師には1~4級の等級で分けられており、枠外な実力者と認められたものにのみ特級の等級が与えられます。
呪術廻戦0で呪術高専に入学してきた乙骨が、学生証に等級が書かれていたため、おそらく高専に通っていた人物は全員等級が与えられているはずです。


ですが、残念なことに家入は何級なのか分かっていません。
等級は与えられた試練をこなすと昇級することができますが、家入は戦闘は不向きで後方支援を得意としています。
戦闘能力だけを評価するものであれば、3~4級ほどの可能性が高そうです。

家入硝子(いえいりしょうこ)の隈は術式が関係?

現在の家入の目元には、かなり濃い隈が確認できます。
ですが高専時代の家入には隈がなく、大人になってからできたものであることが分かりますね。
実はこの隈は、家入が使用している反転術式が大きく影響しているのです。


反転術式は希少価値が高く、家入のもとには次々とケガをした人たちが運ばれ、その治療に追われました。
さらに反転術式は呪力量の消費が激しく、疲れが取れないため隈ができてしまったのです。

家入硝子(いえいりしょうこ)の術式まとめ

家入の術式ついて解説しました。
術式は持っていないものの、他者を治療できる反転術式の使い手であることが分かりました。
他人に反転術式を使える人は家入の他には宿儺と乙骨のみで、この2人と肩を並べているのはすごいですよね。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan最大6回まで使える70%OFFクーポンを配布しています!(無料会員登録すると自動で配布されます)

お得に読みたい方はイーブックジャパンの70%オフクーポンをご利用ください。

\70%OFFクーポンGET/

You can also register from overseas.

Syoko Ieiri, a former classmate of Gojo Satoru, is now a doctor whose main role is to provide logistical support.
Not only does he treat patients, but he also tries to dissect Itadori’s body and examines the bodies of those who have been converted into altered human beings by Mahito,
She also has an aspect of an anatomist.

Although he describes himself as neutral, he is one of the few people who understand Gojo, who has few allies.
In this article, I will explain in detail about the surgical techniques of Ieiri, a doctor and classmate of Gojo.

Who is Syoko Ieiri?

He is a graduate of the Tokyo School of Jutsu High School and a classmate of Gojo Satoru and Natsuyui Suguru.
Although he calls them “scum,” they seemed to get along well with each other, and the anime OP depicted the three of them frolicking together.
It was thought that they might have had a liking for one or the other. However, he strongly denied it, saying, “Not even if heaven and earth were turned upside down.
After graduation, he became a doctor at the National College of Spellcraft and Craft, where he treated injured spellcasters.
He is often seen as a cold person due to his cool appearance, but when he saw Itadori was hurt by his fight against the artificial man, he showed his follow-up by talking to him as if he did not care.

Syoko Ieiri’s Jutsu Formula

In fact, Ieiri does not have a jutsu formula.
This is quite unusual since most of the characters in the work have a jutsu formula.
Although Ieiri does not have a jutsu-shiki, he can use the “reversal jutsu-shiki,” which allows him to heal the wounds of others.
There are quite a few users, and Ieiri has used this reversal technique to heal numerous spellcasters since he was a student.

Users of the Reversal Technique

Spell power is originally negative energy, but by multiplying negative energy and turning it into positive energy, it can heal wounds.
This is called the inversion technique, and it can be used even by those who do not have the technique.
However, since the reversal technique requires a fairly sophisticated manipulation of arcane power, those who can use it are considered valuable.
Gojo can also use the reversal technique, but only on himself, not on others.
At present, there are only two people other than Ieiri who can use the reversal technique on others, Shukuo and Otokotsu, which shows how rare Ieiri’s existence is.

What grade is Syoko Ieiri?

Spellcasters are divided into grades from 1 to 4, and only those who are recognized to be of exceptional ability are given the grade of extraordinarily high.
Since the grade was written on the student ID card of Otokotsukaisen, who entered the Jujutsukaisen 0, presumably all individuals who attended the technical college should have been given the grade.
Unfortunately, however, Ieiri does not know what grade he is.
Grades can be raised by completing given trials, but Ieiri is not suited for combat and excels at logistical support.
If one were to evaluate only combat ability, it is likely to be about grade 3 or 4.

Are Syoko Ieiri’s shades related to her surgical technique?

We can see quite dark shades around Ieiri’s eyes at present.
However, Ieiri’s kuma during his kosen period did not have any kuma, indicating that they were created after he became an adult.
In fact, this kuma is largely due to the inversion technique used by Ieiri.
The reversal technique was rare and valuable, and Ieiri had to treat injured people who came to him one after another.
Furthermore, the reversal technique consumed a lot of magical power, and it was difficult to get rid of fatigue, which caused the formation of shadows.

Summary of Syoko Ieiri’s Technique

I have explained Ieiri’s jutsu-shiki.
We found out that Ieiri is a reversal technique user who can heal others, although he does not have a technique.
The only other people who can use reversal techniques on others are Ieiri, Shukusatsu and Otokotsuki, and it is amazing that he is on par with these two.

Translated with DeepL.com (free version)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

I am a Japanese university student studying English,German.
I will introduce you to the charms of Japanese anime, manga, and culture

コメント

コメントする

目次