【Jujutsukaisen】the art of Kenjyaku羂索(けんじゃく)の術式解説複数術式を所持する理由とは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
jujutsukaisen

Hello!

I am Momo, a Japanese university student studying English.
I will introduce Japanese anime, manga and Japanese culture!

There is an English article after the Japanese text.


自身の目的のためなら手段を選ばない、呪術廻戦においてラスボスに近い立ち位置にいる羂索。
現在は夏油傑の体を乗っ取り、目的達成のために渋谷事変や死滅回遊を首謀しました。
そんな羂索ですが、普通は1つしか持つことができないとさせる術式を複数持っていることが判明しています。
今回は、羂索の術式について詳しく解説していこうと思います。

目次

羂索(けんじゃく)の術式

羂索自身が持っていた術式は、相手の肉体を乗っ取ることができる術式です。
肉体を乗っ取りたい相手の死体に、自分自身の脳を入れることで肉体を奪います。
乗っ取った肉体の記憶をそのまま受け継ぐことができ、術式も身体能力も乗っ取った肉体の本来の力を使うことができます。
そのため羂索は複数の術式を保持しているのです。
そのため、現在判明しているのは羂索自身が所有していた術式と、肉体を乗っ取った夏油、虎杖香織の合計3つの術式を保有しています。
乗っ取った際に額に縫い目が必ずあり、これは術式の縛りが影響しているためです。

呪霊躁術

元は夏油傑が保持していた術式で、呪霊を取り込んで使役することができます。
術式を持った呪霊を極ノ番「うずまき」に使用すると、術式を抽出し、自身が使用できるようになります。
夏油は死亡時にすべての手持ち呪霊をうずまきに使用してしまったため、羂索が乗っ取った時には呪霊は1体もいない状態でしたが、計画的に行動し、数多くの特級を取り込むことに成功しています。
渋谷事変では人の魂に干渉することができる真人を取り込み、真人が持っていた無為転変を使用し、死滅回遊を始めました。
うずまきによって抽出した術式は、1度だけなのか何度も使うことができるのかは分かっていません。

反重力機構(アンチグラビティシステム)

虎杖悠二の母親である虎杖香織(いたどりかおり)が保持していた術式です。
自分の周りの重力を消滅させることができます。
力の放出が不安定という弱点がありましたが、羂索は自身に近づいたものを重力を使って叩き落とすという方法で使用しています。
効果範囲が狭く発動時間も短いため欠点が多い術式ですが、近づいてきた相手の不意を突いて攻撃できるという利点もあります。

領域展開も習得している

呪術を極めた人しか使うことができないと言われる領域展開も習得しています。
羂索の領域展開は胎蔵遍野(たいぞうへんや)で、残念ながら詳しいことははっきりと分かっていません。
しかし特級呪術師である九十九が簡易領域で対抗した際も、数秒しか時間を稼ぐことができなかったため、かなり強力な領域展開であることが分かります。

羂索の術式まとめ

羂索の術式は全部で3つあり、「肉体を乗っ取る術式(名称は不明)」、「呪霊躁術」、「反重力機構」でした。。
全ての術式を使いこなしており、特に自分のものではなかった術式に至っては本来の使用者よりもより精度を高めて使用していることから、呪術師としてかなりの術力者であることが分かりますね。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan最大6回まで使える70%OFFクーポンを配布しています!(無料会員登録すると自動で配布されます)

お得に読みたい方はイーブックジャパンの70%オフクーポンをご利用ください。

\70%OFFクーポンGET/

You can also register from overseas.

Kenjyaku, who will not choose any means to achieve his goals, is a snare that stands close to the last boss in the Jujutsukaisen.
Currently, he has taken over Xiaoyu Jie’s body and masterminded the Shibuya Incident and the Death Circle in order to achieve his goal.
Kenjyaku is such a snare, but it has been discovered that he possesses multiple jutsu-shiki that normally make people think that he can only possess one.
In this article, I would like to explain in detail about Kenjyaku’s art of snare.

Kenjyaku’s art of snare

Kenjyaku himself possessed a jutsu-shiki that allows him to take over his opponent’s body.
By inserting your own brain into the corpse of the person whose body you want to take over, you take his/her body.
The memories of the body can be inherited, and the original power of the body can be used for both the jutsu and physical abilities.
This is why Kenjyaku holds multiple techniques.
Therefore, we know that Kenjyaku has a total of three jutsu: his own jutsu, Natsuyaku’s jutsu, and Kaori Itadori’s jutsu.
There is always a stitch on the forehead when it is taken over, and this is due to the binding effect of the jutsu formula.

Jurei Manic Art

Originally held by Xiaoyu Jie, this technique allows the user to take in and use a jurei (spirit).
When a jyurei with the jutsu-jutsu is used on the pole-noban “Uzumaki,” the jutsu-jutsu is extracted and can be used by the jyurei himself.
Because Natsuyaku used all the spell spirits he had on hand for Uzumaki at the time of his death, he did not have a single spell spirit when Kenjyaku took over, but he acted systematically and succeeded in incorporating a number of special classes.
In the Shibuya Incident, he took in Mahito, who was able to interfere with people’s souls, and using the Mahito’s Muutsu Tenken, he began his death migration.
It is not known whether the technique extracted by Uzumaki can be used only once or many times.

Anti-Gravity Mechanism (Anti-Gravity System)

This is a technique held by Kaori Itadori, Yuji Itadori’s mother.
It can make the gravity around you disappear.
The weakness of this technique is that the release of power is unstable, but Kenjyaku uses it by using gravity to knock down anything that comes close to her.
This technique has many drawbacks because of its narrow area of effect and short activation time, but it also has the advantage of catching an approaching opponent by surprise.

He has also mastered domain deployment.

He has also mastered domain expansion, which is said to be used only by those who have mastered the art of sorcery.
Kenjyaku’s domain deployment is Taizohenya, and unfortunately the details are not known for sure.
However, even when Kujiku, a special class sorcerer, countered it with a simple domain, he was only able to gain a few seconds of time, so we know that it is a very powerful domain deployment.

Summary of Kenjyaku’s art formulas

There were a total of three snare techniques: a technique for taking over the body (name unknown), a spell manic technique, and an anti-gravity mechanism.
The fact that he was able to use all of the techniques, and especially the one that was not his own, with more precision than the original user, shows that he is a very skilled sorcerer.
Thank you for reading this far.

Translated with DeepL.com (free version)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

I am a Japanese university student studying English,German.
I will introduce you to the charms of Japanese anime, manga, and culture

コメント

コメントする

目次