【Jujutsukaisen】日車寛見(Hiromi Higuruma)の領域展開って?術式のモチーフは裁判?

当ページのリンクには広告が含まれています。
jujutsukaisen


死滅回遊の泳者(プレイヤー)の1人であり、それまでは弁護士をしていた日車寛見。
虎杖との戦いの後しばらく登場しませんでしたが、宿儺戦が始まる前に虎杖たちと合流していました。
五条悟に並ぶ才能の原石と言われており、敵である羂索や宿儺からも実力を高く評価されています。
今回は呪術師として才能溢れる日車の術式や領域展開について詳しく解説していきます。

目次

日車寛見(ひぐるまひろみ)の術式

日車の術式は他の人の術式とは違い、領域をはじめに展開することで術式が使用可能になるといったものです。
術式の名前はまだ判明していませんが、領域展開で相手を弱体化させ、日車が所持していた小型の木槌を武器として戦うというのが基本の戦闘スタイルとして描かれています。
小槌は日車の意思によって姿を変えることが可能で、出したり消したりするだけでなく、巨大化させて相手を殴りつけるといったこともできます。

処刑人の剣

相手を最も弱体化させる「死刑」という判決が下ると、小槌は光を放つ剣に姿を変えます。
この剣で相手を斬りつけると、どんなに相手が格上であっても死に至らしめることができます。

日車寛見(ひぐるまひろみ)の領域展開

日車の領域展開は「誅伏賜死(ちゅうぶくしし)」で、虎杖との戦いで初めて描かれました。
裁判を思わせるような領域で、領域内では暴力行為が禁止されています。


日車が検事、対象者が被告人、日車の式神である「ジャッジマン」が裁判官とされ、ジャッジマンの判決によって対象者にペナルティを与え、弱体化させるという流れです。


ジャッジマンはあくまで中立な立場であり、日車の式神だからといって日車を贔屓するといったことはありません。
無罪を勝ち取った場合は何も起こりませんが、有罪の判決が下った場合は対象者に下記のようなペナルティが課せられます。

没収(コンフィスケイション)

没収となった場合、一時的に対象者は術式が使用できない状態になります。
対象者が術式を持っていなかった場合は、呪力が没収され、呪力が使用できなくなってしまいます。


もし対象者が呪具を持っていた場合は呪具が没収されるため、没収の優先順位は「呪具>術式>呪力」のようです。
虎杖は未成年にも関わらず、パチンコ店に入店したという罪で没収(コンフィスケイション)が下されました。

死刑(デス・ペナルティ)

死刑となった場合、対象者からは”没収”のペナルティも付与され、日車には処刑人の剣が与えられます。
対象者は丸腰の状態で、日車の処刑人の剣から逃れなければいけません。

日車寛見(ひぐるまひろみ)の領域展開は何話に描かれている?

日車の領域展開は、コミックス19巻の164話に描かれています。
日車のポイントを使用したい虎杖が交渉を行いますが、交渉は決裂します。
虎杖の速攻を封じるため日車はすぐに領域を展開し、攻撃を封じることに成功しました。

日車寛見(ひぐるまひろみ)の術式・領域展開まとめ

日車寛見の術式や領域展開について解説しました。
初めに領域展開で相手を弱体化させ、その後に術式で木槌を自在に操って攻撃するという戦闘スタイルであることが分かりました。
弁護士として絶対的な知識量を持つ日車を相手に無罪を勝ち取るのは至難の業で、弱体化を避けるのは至難の業でしょう。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

漫画で読みたい人はぜひ。

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan最大6回まで使える70%OFFクーポンを配布しています!(無料会員登録すると自動で配布されます)

お得に読みたい方はイーブックジャパンの70%オフクーポンをご利用ください。

\70%OFFクーポンGET/

You can also register from overseas.

One of the swimmers (players) of the death and destruction migration, Hiruma Hiromi had previously been a lawyer.
He did not appear for a while after the battle with Itadori, but had joined Itadori and his friends before the battle of Tsuina started.
He is said to be a gem of talent along with Gojo Satoru, and is highly regarded for his abilities by his enemies, Kenjyaku and Shukuuso.
In this article, we will explain in detail about Hikuruma’s technique and domain development, who is a talented sorcerer.

Hiromi Higuruma’s Technique

Unlike other people’s formulas, Hikuruma’s formula is different in that it is based on the fact that the technique can be used by first deploying a domain.
Although the name of the technique is not yet known, it is depicted as a basic fighting style in which the opponent is weakened by the deployment of the domain and fights with a small wooden mallet, which is a weapon in Nikusha’s possession.
The mallet can change form at will, and can be made to appear and disappear, as well as grow to a gigantic size and strike the opponent.

Sword of the Executioner

When the sentence of “death penalty,” which weakens the opponent the most, is passed, the gavel transforms into a sword that glows with light.
Slashing an opponent with this sword can kill him, no matter how superior he is.

Hiromi Higuruma’s domain expansion

Higuruma’s domain development is “chubushishi,” which was first depicted in his battle with Itadori.
The domain is reminiscent of a trial, and violence is prohibited within the domain.
Nichuruma is the prosecutor, the subject is the accused, and “Judgeman,” Nichuruma’s shikigami, is the judge, and the subject is penalized and weakened according to Judgeman’s ruling.
Judgeman is neutral and does not favor Nichi-Char because he is a shikigami of Nichi-Char.
If the subject is found not guilty, nothing will happen, but if the subject is found guilty, the following penalties will be imposed on the subject.

Forfeiture (Confiscation)

In the event of confiscation, the subject will be temporarily unable to use the technique.
If the subject did not have the jutsu, the spellcasting power will be confiscated and the subject will not be able to use the spell.
If the subject had a spell tool, the tool will be confiscated, and the order of priority for confiscation seems to be “spell tool > jutsu formula > spell power”.
Itadori was confiscated for entering a pachinko parlor despite being underage.

Death Penalty (Death Penalty)

In the case of a death penalty, the subject is also given a “confiscation” penalty and the executioner’s sword is given to the hikuma.
The subject must escape from the executioner’s sword while unarmed.

In how many episodes is Hiromi Higuruma’s domain development depicted?

The domain development of Hikuruma is depicted in episode 164 of volume 19 of the comic.
Itadori, wishing to use Nichiguruma’s points, negotiates with him, but the negotiations break down.
To block Itadori’s quick attack, Nichiguruma immediately deploys his domain and succeeds in blocking the attack.

Summary of Hiromi Higuruma’s Technique and Domain Deployment

This section explained Hiromi Higuruma’s techniques and domain deployment.
We have learned that his fighting style is to first weaken the opponent by domain deployment, and then to attack by freely manipulating a wooden mallet with his technique.
It would be extremely difficult to win an acquittal against Nikkuruma, who has absolute knowledge as a lawyer, and it would be extremely difficult to avoid being weakened.
Thank you for reading this far.

Translated with DeepL.com (free version)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

I am a Japanese university student studying English,German.
I will introduce you to the charms of Japanese anime, manga, and culture

コメント

コメントする

目次