【Jujuysukaisen】(the art of Yuta Okkotsu)乙骨憂太の術式は?領域展開の効果

当ページのリンクには広告が含まれています。
jujutsukaisen

Hello!

I am Momo, a Japanese university student studying English.
I will introduce Japanese anime, manga and Japanese culture!

There is an English article after the Japanese text.


国家を転覆させることができると判断された人物にしか与えられない、特級呪術師という称号を与えられている乙骨憂太。
五条悟の遠い親戚であり、超大物呪術師である菅原道真の子孫でもあります。
一度は1番下の位である4級に降格したものの、約3か月で特級に返り咲いた実力者。
今回の記事では、そんな乙骨の術式がどんなものであるのか詳しく解説していきます。

目次

乙骨憂太(おっこつゆうた)の術式

乙骨の術式は模倣(コピー)です。
相手の術師が使用していた術式をコピーして、使用することができます。
乙骨のそばにいる「リカ」という呪霊と指輪を使って繋がることで、5分間コピーの術式が使用可能となるのです。
コピーするための条件は詳細は分かっていませんが、リカが相手の体の一部を取り込むことが条件などのでは?と考察されています。
乙骨がコピーして使用した術式には、下記のようなものがあります。

呪言

同級生である狗巻棘の術式です。
口にした言葉に呪いを込めることで、相手に言葉通りの効果を発揮します。
乙骨が使用した時には、狗巻と同じように口元に呪印が見られました。
ただし反動も大きく、格上の相手に使った場合にはのどがつぶれたり、最悪呪言が自分に返ってくるというリスクもあります。

空を操る術式

死滅回遊で過去の呪術師として登場した烏鷺亨子(うろたかこ)の術式です。
空間を切り取り、切り取ったものをマントを扱うように引っ張ったりすることで操ることができます。

斬撃を放つ術式

呪いの王・両面宿儺が持つ術式です。
乙骨が使用したのは「捌」で、相手の強さに応じて自動で強力な斬撃を放つことが可能。
他にも「解」という斬撃もありますが、こちらが使用可能なのかはまだ分かっていません。

反転術式

術式とは少し違いますが、傷を癒すことができる反転術式も習得しています。
反転術式を自身に使うだけではなく、乙骨は他者にも使うことができます。
現代最強の呪術師である五条悟でさえも、他者に対して反転術式を使うことはできませんでした。

乙骨憂太(おっこつゆうた)は領域展開を会得してる?

乙骨は領域展開を会得しています。
名前は「真贋相愛(しんがんそうあい)」で、両面宿儺との戦いで初めて発動しました。
領域内には何本もの刀が刺さっており、この刀には乙骨が過去にコピーした術式が刻まれています。
乙骨はその刀に触れると、その刀に付与されていた術式を使用することができるというものです。
しかし、刀に触れるまでは乙骨自身でも何の術式が使用できるかは分かりません。

乙骨憂太の領域展開は何話に描かれている?

乙骨の領域展開は、249話に描かれています。(2024年3月現在コミックス未収録)
それよりも前に、特級レベルの呪術師たちとの戦いで乙骨が領域展開をしようとしたシーンがありましたが、敵が乱入したことで領域展開は不発に終わりました。
これはコミックス21巻の178話に描かれています。

乙骨憂太の過去まとめ

乙骨憂太の術式や領域展開について解説しました。
乙骨はコピーの術式を持っており、領域展開も会得していました。
コピーしたものが本家よりも劣ると言うことはなく、ほぼ同水準の力、もしくは本家以上の力を引き出していました。
普通は術式は1つしか与えられないため、複数の術式を使えると言うのはかなり強い術式ですよね。
まさに特級呪術師に相応しいかなり強力な術式と言えるでしょう。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan最大6回まで使える70%OFFクーポンを配布しています!(無料会員登録すると自動で配布されます)

お得に読みたい方はイーブックジャパンの70%オフクーポンをご利用ください。

\70%OFFクーポンGET/

You can also register from overseas.

Yuta Otokotsuki has been given the title of “special class sorcerer,” which is given only to those who are deemed capable of overthrowing a nation.
He is a distant relative of Gojo Satoru and a descendant of Sugawara Michizane, a very great sorcerer.
Once demoted to the fourth grade, the lowest rank, he is a talented person who has returned to the special grade in about three months.
In this article, we will explain in detail what kind of techniques Okkotsukone’s art is.

Okkotsukotsu’s Technique

Okkotsu’s technique is imitation (copying).
It is a copy of the technique used by the other surgeon.
By using a ring to connect with a spirit called “Rika” who is near Okkotsukone, the copying technique can be used for five minutes.
The conditions for copying are not known in detail, but it is thought that Rika must take in a part of the other person’s body. It is considered to be the case.
The following are some of the techniques that Otokotsuki copied and used.

incantations, such as “to say something” or “to do something

This is a technique of a classmate, Thorn Inumaki.
By putting a curse in the words you utter, it has the same effect on the other person as the words.
When Okkotsukotsu used this technique, a curse mark was seen on his mouth, just like that of Gumaki.
However, the recoil is also great, and if used on a superior opponent, there is a risk that the throat will be crushed or, worse, that the curse words will come back to you.

Manipulation of the sky

This is a technique of Uro Takako, who appeared as a past spellcaster in the Mortal Circumambulation.
It can be manipulated by cutting space and pulling the cut object as if handling a cloak.

A technique to unleash a slash

This is a technique possessed by the king of curses, Double-sided Shukusatsu.
Otokotsuki used “捌”, which can automatically release powerful slashes depending on the strength of the opponent.
There is another slash called “Kai”, but it is not yet known if this one is available.

Reversal Jutsu-shiki

Although slightly different from a jutsu-shiki, he has also learned a reversal jutsu-shiki that can heal wounds.
In addition to using the reversal technique on himself, Okkotsu can also use it on others.
Even Gojo Satoru, the most powerful sorcerer of our time, could not use reversal techniques on others.

Has Yuuta Okkotsu acquired domain deployment?

Okkotsu has mastered domain deployment.
Its name is “shingan sōai” (真贋相愛), and it was first invoked in the battle against the two-sided Tsuina.
There are many swords stuck in the domain, and these swords are inscribed with the techniques that Okkotsu had copied in the past.
When Okkotsukotsu touches the sword, he is able to use the technique that was assigned to that sword.
However, until he touches the sword, even Okkotsukotsu himself does not know what technique he can use.

In how many episodes is Yuta Okkotsu’s domain deployment depicted?

Okkotsukotsu’s domain development is depicted in episode 249. (As of March 2024, it is not included in the comics.)
Earlier, there was a scene in which Okkotsukotsu attempted to deploy his domain in a battle against special level spellcasters, but the domain deployment was unsuccessful because the enemy intervened.
This is depicted in episode 178 of volume 21 of the comics.

Summary of Yuta Otokotsukone’s past

We have explained about Yuta Okkotsukone’s techniques and domain deployment.
Yuta Otokotsu had a copying technique and had mastered domain deployment.
The copy was not inferior to the original, but had almost the same level of power, or even more power than the original.
Normally, only one technique is given, so being able to use multiple techniques is a very strong technique.
It is truly a quite powerful technique worthy of a special class spellcaster.
Thank you for reading this far.

Translated with DeepL.com (free version)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

I am a Japanese university student studying English,German.
I will introduce you to the charms of Japanese anime, manga, and culture

コメント

コメントする

目次